【私たちはどうかしている】最終回はどうなる?犯人は誰?ネタバレ解説!

2021年4月6日ドラマ

8月22日から放送されたドラマ「わたどう」こと「わたしたちはどうかしている」。

主演の横浜流星さんと浜辺美波さんの華やかな和服姿と色とりどりの和菓子が美しい映像と、ドロドロとしたミステリアスな展開、そして憎いはずの相手なのに惹かれあうふたりのムズキュンに目が離せない人も多いのでは?

今回は「私たちはどうかしている」のドラマと原作の違いや、最終回がどうなるのかをネタバレでご紹介します!


「私たちはどうかしている」のとは?

「私たちはどうかしている」は講談社のBE・LOVEに連載している、安藤なつみさんの同名漫画が原作です。

200万部を超える人気作品で、原作は8月12日に13巻が発売されましたが、実は最終回じゃないんですよね。

今もまだ連載中なんです。

では最終回はどうなるのか?

ドラマの最終回はオリジナルなのか?気になるところですね!

原作コミックス「私たちはどうかしている」を読むなら、コミックシーモアで期間限定で無料配信中です!

2020年9月26日まで!


「私たちはどうかしている」あらすじ

https://youtu.be/N9PCPx5a-GU

花岡七桜は幼い頃、母が住み込みで働いていた老舗和菓子屋光月庵の時期当主である高月椿と出会う。

年も近く当主の息子と従業員の娘という垣根を越えて仲良くなるふたりだが、あるとき椿の父親が何者かに殺害される。

殺害現場にいた椿は、「犯人は七桜の母親だ」と証言したことで七桜の母は逮捕され、七桜も光月庵を追いだされることに。

15年後、偶然再会した七桜と椿。

七桜は自分と母を不幸にし人生を狂わせた椿への憎しみにかられるが、椿は七桜が昔の幼馴染だと気がつかず自分の政略結婚をつぶすために七桜に「結婚しないか」と持ち掛ける。

そして七桜は椿への復讐のため、そして真相を探るために椿の申し出を受けることにした・・・


ドラマ「私たちはどうかしている」キャスト

キャスト:浜辺美波さん、横浜流星さん、高杉真宙さん、岸井ゆきのさん、和田聰宏さん、岡部たかしさん、前原滉さん、草野大成さん、山崎育三郎さん、須藤理彩さん、中村ゆりさん、鈴木伸之さん、佐野史郎さん、観月ありささん

「私たちはどうかしている」のキャストは、「あなたの番です」反撃編から登場し話題になった横浜流星さんと、「君の膵臓を食べたい」で主演を務めた波辺美波さん。

どちらも原作の椿と七桜のイメージにピッタリと話題になっていました!

おふたりとも和服がとってもお似合いでキレイですね!

これだけでも毎週目の保養になりそうです(笑)

個人的に椿と七桜のいちゃいちゃキュンキュンがかわいい!!


ドラマ「私たちはどうかしている」の見どころは?

注意!
ここからはがっつりネタバレしていきます!

私が個人的に感じているドラマ「私たちはどうかしている」の見どころを、ネタバレあるでご紹介します!

椿と七桜のむずきゅん

椿役の横浜流星さんと七桜役に浜辺美波さんが、本当にキレイですよね!

ミステリーとしても毎回とても気になる展開で目が離せませんが、やはり椿と七桜の惹かれあう恋愛模様が見どころです!

陰で七桜が傷つかないようにあれやこれやひそかに頑張る椿がけなげです。

隠しているつもりが全部バレちゃうあたりドラマだよな~!っていうのはありますけど(笑)

普段はクールで冷静沈着な椿が七桜のことになると感情的になるところとか、若いなぁ!って感じで、そういうところとかかわいいです!

高月家のみんながゲス野郎

椿の家族である高月家が、なかなかのゲス野郎ばっかりです!

まずは高月家の大旦那、高月宗寿郎(佐野史郎さん)

光月庵の跡取りに血縁にこだわった宗寿郎。

実の孫ではない椿に対して非常に冷徹です。

幼い椿が踏切で転んで手がはさまって抜けない、電車が来る助けてという椿を無視して立ち去るなんて人としてありえない!

ゲスすぎる!

そもそも自分が家柄にこだわって樹(鈴木伸之さん)と七桜の母、百合子(中村ゆりさん)の結婚を認めず、無理やり今日子(観月ありささん)と結婚させたことが原因でしょーが!

そしてその宗寿郎の息子、樹。

椿の母今日子に対して愛がなかったにしても、愛人である百合子を自分の職場に住まわせて逢瀬を重ねるなんて、ゲスの極みですよね。

百合子も堂々と不倫相手の店に住み込みで働く神経もすごい!

しかも娘の七桜と樹の親子関係を証明するDNA鑑定書と、椿が樹の子ではないことを証明するDNA鑑定書を持っていたということは、店を乗っ取るつもりだったの??

罪をきせられてかわいそうな最初のイメージが一転、えげつなく図太い神経してるな!

実は樹と百合子のこのふたりが一番ゲスかもしれない・・・

樹と百合子に関しては一番ゲスいのに、被害者ぶってる当たりがなかなかゲスを極めてると思います!

そして椿の母、今日子。

最初の方こそ七桜をイジメたおすえげつなく恐ろしい姑でしたが、夫から愛されず不倫相手を家に住まわすなどの非道な行為を受け続け、かわいそうな一面も・・・

そりゃ性格もゆがむわな・・・ってなりますよね。

しかし夫の不倫相手を貶めるためにまだ幼い実の息子に嘘の証言を誘導し、椿が愛する七桜だけではなく和菓子に対してもひどい仕打ちをする・・・

同情の余地はあるけど、それを差し引いてもゲスですね。

そして観月ありささんの迫力が・・・!!

めっちゃこわくて好き!!(笑)

観月ありささんの登場の仕方とか、マジでホラーやと思います!

こんなゲスい大人たちの中で育った椿が一番まともっていうのがすごいです・・・

このゲスっぷりは見どころのひとつと思いますよ!


ドラマ「私たちはどうかしている」最終回はどうなる?ネタバレあり!

ドラマ「私たちはどうかしている」の最終回で注目されるのはやはり

  • 椿の父親を殺したのは誰なのか?
  • 椿と七桜は結ばれるのか?

この2点ではないでしょうか?

「私たちはどうかしている」の原作はまだ連載中で、椿の犯人はまだわかっていません

つまりドラマの最終回はオリジナルということになるのかな?

ではここから椿の父親を殺した犯人は誰なのか??ネタバレありで予想していきます。

椿の父親を殺した犯人は?予想①椿の母今日子

椿の母今日子(観月ありささん)は光月庵のため、そして椿の父、樹(鈴木伸之さん)のために愛のないとわかっていながらも結婚を承諾しました。

しかし樹は今日子に一切触れることがなく、悲しい想いを・・・

そして樹が七桜の母である百合子のことをずっと愛していたことを知り、愛は憎しみに変わり多喜川薫(山崎育三郎さん)の父親と不倫をします。

そうしてできた息子、椿(横浜流星さん)を当主にするため、そして樹に対する憎しみから今日子が殺害?

椿の父親を殺した犯人は?予想②椿の実の父親

椿は実は母今日子が、多喜川薫の父親と不倫でできた子どもでした。

今日子に夢中になった多喜川の父が椿の父を殺害??

椿の父親を殺した犯人は?予想③やはり七桜の母?

母親である今日子から、七桜の母である百合子が部屋にいたことと話すように指示された椿。

しかし七桜の母百合子と樹は学生時代からの恋人同士だった。

実は無理心中を図ったが、百合子ひとりが死にきれずに樹だけ死んでしまったとか?

椿の父親を殺した犯人は?予想④椿自身

椿は父親である樹が死んでいるのを最初に見つけ、血まみれでたたずんでいました。

そして父親と七桜の母、百合子の密会を目撃した椿が衝動的に父親を殺害?


「私たちはどうかしている」一気見るする方法!

「私たちはどうかしている」が現在動画配信されているサービスを調べました!

最終回までももう一度一気見したい!もしくは、まだ観たことがないけど、観てみたいという人のために、「私たちはどうかしている」が無料配信されている動画配信サービスを調べました!

ドラマ「私たちはどうかしている」電子書籍「私たちはどうかしている」
U-NEXT   ✕有料(462円~
Hulu   〇   ✕
dTV   ✕   ✕
FODプレミアム   ✕有料(1~2巻無料、3巻以降420円~)
Amazonプライムビデオ   ✕   ✕

ドラマ「私たちはどうかしている」が観られるのはHuluだけでしたね。

また電子書籍で原作コミックス「私たちはどうかしている」を読むなら有料ですがU-NEXTだけでした!

 

まとめ

ドラマ「私たちはどうかしている」の最終回は9月30日(水)から2時間スペシャルで放送です!

原作でもまだ描かれていない最終回がどうなるのか・・・

楽しみですよね!



<応援クリックよろしくお願いいたします。>
にほんブログ村 芸能ブログ エンターテインメントへにほんブログ村