映画【スマホを落としただけなのに】ネタバレ感想と動画を見る方法

2021年4月6日映画

今回ご紹介するのは、私たちの生活に欠かせないスマホの恐ろしさに警鐘を鳴らしているともいえる映画「スマホを落としただけなのに」。

ただスマホを落としてしまっただけで恐ろしい事件に巻き込まれるストーリーは、私たちにとっても他人事ではありません。

今回は映画「スマホを落としただけなのに」のネタバレありで感想や考察などをご紹介します。


「スマホを落としただけなのに」とは

志駕晃さん原作の同名小説「スマホを落としただけなのに」が映画化。

「スマホを落としただけなのに」は、「このミステリーがすごい大賞」の最終選考まで残るも落選。

その後編集部推薦の隠し玉として加執修正後、2017年4月に刊行されました。

続編としてシリーズ第2弾「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」が2018年11月6日に発売し、2020年に続編映画が公開。

そしてシリーズ第3弾「スマホを落としただけなのに 戦慄するメガロポリス」が2020年1月9日に発売となりました。

第3弾も映画化されるのか期待が高まりますね。

メガホンをとったのは、「リンク」や「仄暗い水の底から」「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」など、Jホラー映画の代表のひとりともいわれている中田秀夫監督。

映画「スマホを落としただけなのに」はミステリーですが、映画ではホラー要素も十分アリです!


映画「スマホを落としただけなのに」あらすじ

麻美(北川景子さん)は恋人である富田(田中圭さん)のスマホに連絡すると、知らない人物が電話にでて戸惑う。

タクシーで落ちていたスマホを拾いとっさに持ってきてしまったというのだ。スマホの拾い主から「カフェの店員にスマホを預けておく」といわれ、麻美が受け取りに行くことに。

無事にスマホが戻って一安心する富田だが、この日を境に奇妙な出来事が起きるように・・・

富田のクレジットカードで身に覚えのない多額の請求が届いたり、スマホのデータと引き換えに金を請求される。

さらに麻美もSNSで富田の先輩からしつこくメッセージが届くようになったり、何者かにSNSのアカウントが乗っ取らてしまう。

一方その頃、ある山中では若い女性の変死体がいくつも見つかる。

元IT会社で働いていた若き刑事加賀谷(千葉雄大さん)は、独自の視点から先輩刑事毒島(原田泰造さん)と共に犯人を探っていくが・・・


映画「スマホを落としただけなのに」キャスト

キャスト:北川景子さん、千葉雄大さん、バカリズムさん、要潤さん、高橋メアリージュンさん、酒井健太さん、原田泰造さん、成田凌さん、田中圭さん、筧美和子さん

キャストは本当に脇まで豪華なメンバーですね!

稲葉麻美役:北川景子さん

主演であり、恋人の富田がスマホを落としたばかりに、事件に巻き込まれる稲葉麻美役を演じます。

派遣でOLをしている麻美は、美しく仕事もできる魅力的な女性です。

モデル出身で女優さんの中でも、特にキレイでシュッとしている北川景子さんにピッタリですよね。

このキレイな容姿のせいで、犯人に興味をもたれてしまうんですから複雑です。

実は麻美には誰にも言えない、恋人の富田にも言えないような秘密を抱えていました。

富田誠役:田中圭さん

麻美の恋人で、頼りないけど誠実な富田役を田中圭さんが演じます。

田中圭さんは、頼りないけど誠実な役がドンピシャにハマりますね!

心優しく憎めない雰囲気が富田からもにじみ出ています。

田中さんのこういう役すごく好きですね!

加賀谷学役:千葉雄大さん

IT会社から転職してきた異例の経歴を持つ新米刑事、加賀谷学を演じるのは千葉雄大さん。

連続殺人犯を追いながら、犯人は黒く長い髪の女性ばかりを狙っていると気づきます。

そのことが自分のトラウマと重なり苦しむ加賀谷。

実は加賀谷は幼少時代母親から虐待を受け、心に深い闇を抱えトラウマに苦しんでいます。

浦野善治役:成田凌さん

セキュリティ会社で働くという浦野役を成田凌さん。

富田のスマホが何者かに乗っ取られたときに、麻美から助けを求められて安全対策を施します。

成田さんの演技は非常に話題になり、絶賛されていました。

成田さんに注目ですよ!


映画「スマホを落としただけなのに」感想

注意!
ここからはネタばれありで映画「スマホを落としただけなのに」についての感想をご紹介します!

まだ観たことのない人は注意してくださいね!

スマホが怖すぎる

スマホを拾った人物がネットにくわしい殺人鬼というショッキングな内容で、ここまではさずがにないんじゃないの?と感じるかもしれませんが、少しネットに詳しい人なら、これくらい簡単にやってしまいそうで怖いなと感じました。

スマホの中の情報やSNSから、個人情報が駄々洩れ!

何をネットで買ったのか、どんな写真を保存しているのか、今どんなサイトを見ているのかまで、知られてしまいます。

そこから他人に知られたくないような秘密まで知られてしまうことに・・・

犯人の執着

犯人は長い黒髪の女性ばかりを狙い、乱暴に髪を切り刻んでいます。

実は犯人は幼少期から母親から虐待を受けていました。

黒く長い髪に母親のイメージを重ねていたのでしょうか。

殺害した女性から切った髪でかつらを作り、自分がかぶることで母親と一体感を感じたかったのかもしれません。

どんなにひどいことをされても、子どもにとっては母親はたったひとりの母親です。

母親を憎んでも憎んでも、愛したい愛されたい感情は永遠に消えないのかもしれません。

そしてこの犯人の執着にいち早く気づくのも加賀谷です。

実は加賀谷も同じように幼少期母親から虐待を受けていたんです。

犯人の潜伏先

最後犯人を追い詰めるとき、警察はNシステム(走行中の車のナンバーを追跡するシステム)を使って犯人を追跡しますが、途中からはシステムが設置されていない脇道にそれたことで警察は犯人の行方を完全に見失います。

しかし加賀谷は犯人は自分と同じトラウマの持ち主ではないかと感じ、犯人の潜伏先を突き止め犯人を確保。

犯人の潜伏先、それは閉園した遊園地の地下でした。

親から愛されずに育った犯人と加賀谷は、子どもの楽しむ遊園地に憧れを抱いていたのかもしれませんね。

犯人は何人もの女性を殺害しとても同情はできません。

でも犯人自身母親からきちんと愛されて育っていれば、こんなに闇を抱え、人格が曲がることはなかったのかもと思うと、犯人自身も被害者なのかもしれません。

子どもを虐待することは、わが子を不幸にするだけではなく、その周りの人間や関係のない人間まで不幸にする、負の連鎖でしかないんだと考えさせられました。

犯人と加賀谷のトラウマ

若き刑事加賀谷も、幼少時代母親から虐待を受け心に闇を抱えています。

そして犯人も同じように幼少時代母親から虐待を受けており、愛し方がわかりません。

母親と同じ長い髪に執着している犯人。

同じような境遇で育ったふたりですが、片や正義感あふれる刑事に、片や連続殺人鬼となってしまいました。

加賀谷は犯人の潜伏先に気づき、犯人が一番いわれたくないセリフを言い当てます。

「”あんたなんか産まなきゃよかった!”そんな風にいわれて育ったんだろ!」

麻美を盾に取られたとき、加賀谷は犯人が最もいわれたくないセリフを口にすることで、麻美を解放させ自分に刃が向くように仕向けます。

同じ環境で育ったからこそ分かり合える悲しいシンパシー。

しかし虐待を受けて育っていても、加賀谷のように闇を抱えつつも正義のために戦える人もいます。

同じような境遇で育ち、同じようなトラウマで苦しみながらも、全く正反対の道へ進み、刑事と殺人犯として対峙する場面はとても印象的です

ラストで犯人は加賀谷に向かって、「あなたも自分と同じ種類の人間だ」といいます。

今は刑事なんてやってるけど、きっかけがあればお前も自分と同じ殺人犯になるのだと。

そして加賀谷自身、そんな自分に苦しんでいる。

虐待の連鎖と大人になっても消えない深い傷。

そういった意味でも考えさせられる映画でした。


映画「スマホを落としただけなのに」を無料視聴する方法!

映画「スマホを落としただけなのに」だけではなく、原作小説やコミカライズされてマンガなどが見られる動画配信サービスを調べました!

映画「スマホを落としただけなのに」映画「スマホを落としただけなのに-囚われの殺人鬼-」小説「スマホを落としただけなのに」コミックス「スマホを落としただけなのに」
U-NEXT   〇有料(550円)スマホを落としただけなのに 戦慄するメガロポリス(643円)有料(616円~)
Hulu   ✕   ✕   ✕   ✕
dTV   〇標準(400)・HD(500円)   ✕   ✕
FODプレミアム   ✕   ✕   ✕有料(560円)
Amazonプライムビデオ   〇レンタル(400円)Kindle版(579円)Kindle版(554円)

映画は今年公開されたばかりの「スマホを落としただけなのに-囚われの殺人鬼-」が、早くも配信されている動画配信サービスがありますね。

映画、原作小説、コミックの全て見られるのはAmazonプライムビデオU-NEXTだけでした!

ただU-NEXTの小説は、第3シリーズの「スマホを落としただけなのに-戦慄するメガロポリス-」のみでした。

映画と原作小説、コミックすべてを楽しみたいならAmazonプライムビデオ一択ですね!


スマホを落としただけなのに/Amazonプライムビデオ


「スマホを落としただけなのに」関連グッズ

「スマホを落としただけなのに」の映画のブルーレイやDVD、原作小説、コミックなども販売されています。

まとめ

今回は映画「スマホを落としただけなのに」について、感想などをご紹介しました。

この映画の主役は麻美と富田ですが、個人的に刑事加賀谷の物語でもあるなと感じました。

次回は続編「スマホを落としただけなのに-囚われの殺人鬼-」についてご紹介します!



<応援クリックよろしくお願いいたします。>
にほんブログ村 芸能ブログ エンターテインメントへにほんブログ村