映画暗黒女子のあらすじは?【ネタバレ】無料動画を観る方法!

2021年4月6日映画

今回は映画「暗黒女子」のあらすじや映画の感想をネタバレありでご紹介します。

また、暗黒女子を無料で観られる動画配信サービスも合わせてご紹介しますので、気になった方はぜひ一度見てみてくださいね!

衝撃のラストに度肝を抜かれるはず!


「暗黒女子」あらすじは?

お嬢様たちが通う聖母マリア女子高等学院。

そんなお嬢様の中でも選ばれた人しかメンバーになれない文学サークルの部長で学園のマドンナ的存在、白石いつみ(飯豊まりえさん)が校舎の屋上から転落死した。

手にはすずらんの花をにぎりしめて・・・

文学サークルの副部長でいつみの親友である澄川小百合(清水富美加さん)は、恒例の闇鍋会を行う。

真っ暗なサロンの中で各自持ち寄った具材を食べるのだ。その鍋の中の煮えたぎった中身は何が入っているか知っているのは現会長である小百合だけ。

そしてそれぞれが執筆した小説を読みながら闇鍋を食べるのだ。

今回の小説のテーマは、「前会長である白石いつみの死」について。

部員たちはそれぞれが書いた小説で、次々と犯人を告発していくのだが・・・


映画「暗黒女子」の感想【ネタバレあり】

ここからネタバレあります。

美しい中にも妖しい雰囲気

まずこの作品はお嬢様だらけの女子高が舞台なので、とにかく絵が華やかです。

趣のある校舎と、サロンの中の家具や調度品などアンティークなものばかりで、それだけでもとても映像がキレイ。

そして華やかでキラキラと輝いているのに、どこか陰りがあって薄気味悪さが醸し出されています。

女子高独特の雰囲気、少女たちの笑い声、表向きはまぶしいくらいの少女たち。

だけどその中身は真っ黒な闇がたちこめている・・・

そんな妖しい雰囲気が全編通して感じられます。

自分が物語の主人公としてひときわ輝くために、わき役を作る。

そのために弱みを握って自分の思い通りに操るいつみは、一見狂気じみているように感じるけど、「暗黒女子」というタイトルの通り、女の闇の部分をものすごくリアルに表現しているように感じました。

多かれ少なかれ女には、そんな闇の部分ってどこか持っているのではないでしょうか。

最後のどんでん返しはテンポも良くて見ごたえあり!

「はい。こんな感じで終わるんでしょ」
という期待を、いい意味で裏切ってくれたラストは見ごたえあります。

部員たちが恐怖におののいている姿を見ながら、冷徹に笑う小百合(清水富美加さん)の恐ろしさったら!!

小百合がいつみの残した「死者のつぶやき」を朗読する後半は、大どんでん返しにむけてテンポよく伏線も回収。

さぁラストはスッキリと思いきや、最後の最後に小百合の小説の朗読が始まり、驚愕の事実が語られます。

私はもともと大どんでん返し系のサスペンスとか大好物なので、こういう意外な結末は本当に好きです。

特に二重三重の仕掛けがあるストーリーは本当に好き!

この映画の後半は、正直気分の悪い不快感がまとうような結末ですが、ハッピーエンドでは終わらないラストがかえって私は良かったです。


映画「暗黒女子」はキャストも良かった!

【キャスト】
澄川小百合(清水富美加さん)、白石いつみ(飯豊まりえさん)、高岡志夜(清野菜名さん)、ディアナ・デチェヴァ(玉城ティナさん)、小南あかね(小島梨里杏さん)、二谷美礼(平祐奈さん)、北条先生(千葉雄大さん)

清水富美加さんと飯豊まりえさんとのダブル主演。

キャストの皆さんがしっかり役に入り込んで、演技もとっても良くて見ごたえありました!

白石いつみ役:飯豊まりえさん

まず主演のひとりであるいつみ役の飯豊まりえさん。

前半では志夜、ディアナ、あかね、美礼の4人から見た「白石いつみ」を、それぞれの持つイメージでいつみを語るシーンがあるのですが、そこのイメージに合わせてうまく演じ分けができていたと思います。

また物語の後半、聖母マリアのような圧倒的な華やかさと清楚さを放ちつつ、冷徹で非情などす黒い本性を見事に表現してくれています。

華やかな表情、どす黒い女の表情、絶望にゆがむ表情、復讐に目を輝かせる表情、そして北条とのささやかな幸せを語る表情・・・

どれもとても良かったです。

実は私は初めて飯豊まりえさんの演技を観たのですが、とても上手な役者さんだなって思いました。

学園一の美少女で圧倒的カリスマの役って、絶対プレッシャーですよね。

澄川小百合役:清水富美加さん

またそんな圧倒的なカリスマであるいつみを陰でささえるのが、いつみの親友小百合役の清水富美加さん。

さすが存在感ハンパなかったです。

顔には優雅な笑顔をはりつけながら、落ち着いた声で恐ろしい真実を語る姿は鳥肌ものです。

笑顔が優雅なのがかえって怖いんですよ。

内に秘めた恐ろしさがにじみ出てて、めっちゃよかったですね!

いつみに憧れて陰で支え人生をささげてきた小百合。

美しき究極のエゴイスト白石いつみはもういない。

凡庸で低俗な夢を語るいつみに絶望する小百合。

そして鏡に映った自分を見て

「・・・美しい」

今のいつみよりも、私の方が主人公にふさわしい・・・

そう気づいたときの小百合のなんともいえない純粋な表情と、その後なんの迷いも戸惑いもなくいつみに手をかけ、その後笑いがこみあげる姿が本当におそろしいです。

清水富美加さんは終始笑顔なのがかえって不気味ですごみがありました。


私が一番怖かったシーンははココ!

後半からはゾクゾクするような恐怖感が漂っていましたが、小百合が真実を語るシーン、そして4人が恐怖に泣き叫ぶシーンは本当に怖かったし鳥肌もたちました。

でも私が一番怖かったのは最後の最後。

真実を聞かされた4人が2学期になりが学校始まった後も、これまで通り小百合を慕い笑いあっているラストです。

これが一番怖かった!!

主役はいつみから小百合にかわり、4人はこれまでと変わらずわき役に徹している姿ですね。

そして小百合は新たなターゲットに声をかけて、物語はこの後も続くという予感だけを残して終わるエンディング。

少女たちの本当の意味での闇、暗黒な少女たちのどす黒さとたくましさが描かれていたように思います。

いつみや小百合だけがホラーな感じが全面に出てるけど、実は全員怖いっていう!


映画「暗黒女子」のみどころはココ!

驚愕のラストは面白いし見ごたえもありますが、私個人の一番の見どころは千葉雄大さんのラブシーンでした!(笑)

文学サークルの顧問教師でいつみの恋人でもある北条先生。

とにかくずっといつみちゃんといちゃいちゃしてます。

普段は女子高生のキワドイ発言に居心地悪そうにしているなんだか冴えない教師だけど、いつみと二人きりのときはオトナの男性って感じで、このギャップがものすごく良かった!

普段はさわやかでかわいいイメージの千葉雄大さんですが、「暗黒女子」ではなめまかしいオトナな千葉雄大さんに出会えます。

キスシーンやベッドシーンは本当に美しく描かれていて、この映画の見どころのひとつだと思っています!

この映画ではめっちゃ色っぽくて、普段見られない千葉雄大さんの姿にドキドキしますよ!


映画「暗黒女子」が無料で観られる動画配信サービスは?

映画「暗黒女子」が無料で観られる動画配信サービスを調べましたので、気になった人はぜひ参考にしてくださいね!

映画「暗黒女子」電子書籍「暗黒女子」
U-NEXT   〇有料(539円~
Hulu   〇   ✕
dTV   〇   ✕
FODプレミアム有料(300円)有料(600円)
Amazonプライムビデオ   〇有料(539円~)

映画はFODプレミアム以外はすべて無料で配信されていますね。

サービスの内容や料金なんかで比較して、好きなサービスで観るのがおすすめです。

電子書籍版の小説を読むならU-NEXTAmazonプライムビデオだけですが、U-NEXTならポイントを使えば無料で読めるので、おすすめはU-NEXTです!

まとめ

いかがでしたか?

「暗黒女子」についての感想や動画配信サービスについてご紹介しました。

相手によって自分を演じ分けることって、誰にでもあると思うんですが、特に女性は多いんじゃないかと思います。

そこが極端になると、自分の持っているイメージと他の人のイメージ、そして本来のその人の人格とかけ離れてしまうところが恐ろしいところ。

こういう食い違いは、多かれ少なかれリアルの中でもあることで、女性は観ていて少し共感できる部分もあるかもしれませんね。

華やかでキラキラした世界の裏側で、秘密をあばき崩しあう残酷さのコントラストがものすごく絶妙で、美しく表現されている映画でした。

小説もぜひ読んでみたいなと思います!



<応援クリックよろしくお願いいたします。>
にほんブログ村 芸能ブログ エンターテインメントへにほんブログ村