Huluの料金はいくら?実際に契約している私が感じたメリットデメリット

2021年5月15日動画配信サービス

Huluの契約を考えているなら、

料金はいくらかかるのか、追加料金はないか?

 

どんなメリットやデメリットがあるんだろう?

と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

 

コロナの影響で3月からHuluに加入している私の、

Huluの料金や支払い方法、特徴やメリットデメリット、

実際に使ってみて率直な感想などをご紹介していきます!


Huluの特徴

日テレドラマ

Huluは約60,000本のドラマや映画、

アニメなどの動画が見放題の動画配信サービスです。

 

2008年にアメリカでスタートした動画配信サービスで、

日本には2011年にサービスが開始。

 

2014年には日本テレビの傘下の

HJホールディングス株式会社が100%事業を継承しました。

 

ですからなんといっても、

日テレ系のドラマやバラエティのラインナップが豊富!

 

オリジナル配信ドラマも充実していて、

日テレ系のドラマが好きなら絶対Huluがおすすめですよ!

 

日テレ系以外の人気のドラマや映画も豊富なので、

子どもから大人まで、満足いくラインナップだと思います!


Huluの料金はいくらなの?

Huluの月額料金は933円(税込1,026円)です。

 

Huluの料金プランはひとつしかないので、

とってもわかりやすくシンプルです。

 

動画配信数は約60,000本がすべて見放題で、

追加料金がかかりません。

 

他社の動画配信サービスは、

月額料金とは別に課金しないと観られない作品が結構ありますよね。

 

新作だから有料とか、1本いくらとか、

月何本までしか観られないといった制限は一切なし!

 

別途お金がかかることはないのはうれしいですよね。

他社と比較してもかなりリーズナブルな方だと思います。

 

とはいえ有料でも新作が見たい!という人も多いでしょう。

そんな人のために2020年6月から

会員限定で都度課金サービスを開始。

 

見放題では見られない作品や新作なども見られるようになりました!


Huluの料金支払い方法

Huluの特徴は、支払い方法が非常に豊富です。

 

様々な方法での支払いが可能なので、

ポイントがたまるなどお得に利用できる

自分に合った支払い方法を見つけてくださいね。

  • クレジット決済
  • キャリア決済
  • PayPal
  • huluチケット
  • LINE Pay
  • iTunes Store 決済
  • Yahoo! ウォレット
  • Amazon アプリ内決済
  • その他事業者によるお支払い方法

ひとつずつ詳しくご紹介します。

クレジット決済

まずは多くの人が利用しているのがクレジットカード決済です。

 

Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club

 

一部のVisa デビットカード (楽天銀行、スルガ銀行、りそな銀行、ジャパンネット銀行、三菱UFJ銀行、ソニー銀行)での利用が可能です。

 

プリぺードカードは利用できないので、注意してくださいね。

キャリア決済

ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルユーザーなら、

携帯電話料金と一緒に決済可能です。

 

支払い方法を選択するときに、

利用しているキャリアのアカウントからログインして

決済の手続きをしてくださいね。

PayPal

ウォレットサービス「PayPal」から

銀行引き落としも可能です。

 

PayPalとは、世界で3億人以上が利用している、

かんたん安全なオンライン決済サービスです。

 

PayPalアカウントに銀行口座やクレジットカードなど支払い情報を登録すれば、

2回目からログインとパスワードだけで支払いが完了します。

huluチケット

Huluチケットとは、

コンビニやオンラインなどで購入できるプリペード式のチケットです。

 

コンビニなどの端末(セブンイレブンなら店内マルチコピー機、ローソンなら店内ロッピーなど)からHuluチケットを購入し、支払い用のレシートを受け取ります。

 

レジにレシートを持っていき、料金を支払いし、

コードが記載されたチケットを受け取ります。

 

Huluのアカウントページにログインして、

Huluチケットの項目に、コードを入力すれば完了です!

 

無料トライアルの申し込み時に決済方法を登録する必要がありますが、

Huluチケットのみの登録はできないので注意してください。

 

クレジット決済やPayPalなどと併用して登録することが可能です。

 

チケットの使用期限がきれると、自動的に他の決済方法に切り替わり継続課金されます。

LINE Pay

LINEのアカウントを持っているなら、

LINE Pay決算も可能です。

 

LINEのアカウントでログインします。

 

手続きは20分以内に完了させないといけないので、

気をつけてくださいね。

 

銀行口座からチャージするか、

登録してあるクレジットカードから引き落としが可能です。

 

LINE Payの残高がなくなると利用できなくなってしまうので、

注意してください。

iTunes Store 決済

iPhoneやiPadなどを使っているなら、

iTunes Store決済も可能です。

 

iPhoneやiPadなどのデバイスから、

Huluのアプリから無料おためしの登録手続きする!

 

ただ、通常料金税込み1,026円ですが、

iTunes Store決済の場合、1,050円(税込)と若干ですが

割高になるのでご注意ください。

Yahoo! ウォレット

現在Yahoo! ウォレットでの新規契約や再登録は行っていないようです。

Amazon アプリ内決済

AmazonのFire TVシリーズを利用するなら、

Amazonアプリ内課金での決済も可能。

 

Amazonのアカウントに登録してある決済方法が利用可能です。

その他事業者によるお支払い方法

格安スマホサービス「mineo」

インターネットプロバイダーサービス「BB.excite」

光回線事業「eo光」などのオプションサービスで決済も可能です。

 

またHuluを提供しているケーブルテレビの利用料金と合わせて、

Huluの料金を支払うこともできます。

 

他の事業者による支払いをするときは、

それぞれの事業者によってHuluの登録方法が異なりますので、

それぞれのサイトから申し込んでくださいね。

mineo ウェブサイト
BB.excite ウェブサイト
eo ウェブサイト


Huluのメリットは?

それではHuluのメリットをご紹介します。

月額料金だけで60,000本の作品が見放題

動画配信数も年々増えていて、以前はわずか5,000本程度だったのが、

2020年現在では約60,000本となり、ラインナップが豊富なんです。

 

Huluは月額料金は1,026円(税込)で、

60,000本の作品すべてが見放題なんです!

 

ラインナップも映画や海外ドラマ、国内ドラマ、アニメまで

豊富で充実しています。

 

また新しい作品が毎月追加されるので、

これまで見れなかった作品が見れるようになることもあって

次々新しい作品を観ることができます。

 

デメリットの方にも書いていますが、これは逆にいうと

「これまで観られていた作品が観られなくなる」ということもありますが、

いろんな映画やドラマを楽しみたい人には

かなりうれしいメリットなのではないでしょうか?

 

追加料金なしに、

多くの作品を楽しめるのは大きなメリットといえるでしょう。

専用アプリが優秀!

Huluをスマホやタブレットで観るときは専用アプリを使うと思うのですが、

このアプリの質が非常に高いんです。

 

動画を読み込むのに時間がかかったり、

観ている途中で固まったりすることもなく、

とってもスムーズに観られます。

 

もちろん早送りや巻き戻しもスムーズだし、

ネット環境が悪いと自動で画質を調整してくれて

サクサク動いてくれるのでストレスを感じません。

 

他社のアプリと比較しても、動作が安定していて非常に使いやすいです。

対応機器が豊富

Huluは対応している機器が豊富なのもメリットです。

 

インターネットに接続していれば、

テレビやパソコンはもちろん、

さまざまなディバイスで対応可能です。

 

Air StickやAmazon Fire TV、Apple TV、

AQUOS ココロビジョンプレーヤーなどのメディアプレイヤー、

PlayStation 4のゲーム機にも対応しています。

画質がキレイ!

Huluは2017年の全面リニューアルで、

元々720pのHD画質から現在は1080pのフルHD画質に対応したことで

画質が圧倒的に向上!

 

なかなか想像できないかもしれませんが、

フルHD画質はブルーレイと同程度の画質といわれています。

 

DVDと比べても画質が断然キレイなんです。

 

画質がキレイなので大画面テレビで見ても、

すばらしくキレイ!

我が家は50インチテレビですが、全然キレイに視聴できますよ!

日テレ系作品が豊富

先ほどの少し述べましたが、

日テレの傘下が運営しているので日テレ系のドラマが豊富なんです。

 

ドラマだけではなく、オリジナルストーリーが配信されていて、

別の角度からドラマを楽しむことができるのもうれしいですよね。

ダウンロード可能!ネット環境を気にせず視聴できる

ダウンロード機能を使えば、

通信制限を気にせずに動画を楽しむことができます。

 

Wi-Fiがつながっている場所でダウンロードしておけば、

電車の移動中や外出時、待ち時間なんかにネット接続なしで作品を楽しめます。


Huluのデメリットは?

ここまでメリットばかりを並べましたが、

加入してからこんなはずじゃなかった!とならないように、

デメリットもご紹介しますね!

複数端末での同時視聴はできない

Huluはひとつのアカウントで、

複数端末での同時視聴はできません。

 

リビングで子どもがテレビでHuluを見ている間、

ママがキッチンでスマホで同時に観ることができないんです。

 

もし家族のみんながHulu大好きで、

家でも外出先でもそれぞれ楽しみたいなら、

家族それぞれが別にアカウント契約する必要があります。

 

他社の動画配信サービスだと、

ひとつのアカウントで別の場所で同時視聴も可能というサービスもあるのですが、

Huluは同時視聴ができないのがデメリットですね。

作品の入れ替わりが激しく、いつでも見られるわけではない

これはHuluに限った話ではないと思いますが、

作品の入れ替わりが激しく

今ある作品が来月も観られるとは限りません。

 

期間限定配信などは配信期間が短いこともあるので、

気になる動画が新しく配信されたらなるべく早くに観ることをおすすめします。

 

配信のスケジュールやキャンペーン配信などの明記がないので、

いつ終わるのかわからない作品も多いんです。

 

見放題だから録画してたドラマを消したのに、

配信が終了してしまった!ということも・・・

 

またドラマの数話だけ配信されていて後半から最終話までがない、

シーズン1だけ配信されていてシーズン2は配信されていない・・・!ということも・・・

 

ドラマなど見始めてから続きがないのは、かなりショックですね。

 

続きを配信しないなら、

いっそそのドラマそのもの(全話)の配信を終了してもらいたいです・・・

 

Huluの配信スケジュールは公式ツイッターで確認できるので、

気になる人はこちらをチェックしてみてくださいね!

Hulu公式ツイッター

吹き替え版がない作品がある

Huluの海外ドラマや映画の中で、吹き替え版がない作品もあります。

 

字幕しかないと、映画に集中する必要があり、

目が疲れたり何かをやりながら観ることができません。

 

また、Netflixのように画面で字幕と吹き替えの切り替えができず、

完全に分かれているので多少不便に感じることも・・・

 

吹き替えで海外映画やドラマを観たいと思っている人は注意が必要です。

4K画質、5.1ch・7.1chサラウンドオーディオ未対応

Huluは4K画質、5.1ch、7.1chのサラウンドオーディオ未対応です。

 

画質はフルHD画質なので非常にキレイではありますが、

50インチを超えるとやはり4Kがキレイですね。

 

U-NEXTやAmazonプライム、

Netflixなどは4K画質に対応しているサービスはありますが、

4Kに対応した作品数はまだ少ないので、そんなに気にしなくていいかもしれません。

 

また5.1ch・7.1chや、

Dolby Atmosなどのサラウンドシステムにも対応していません。

 

音にこだわらないならまったく問題ありませんが、

音にこだわりたいなら、U-NEXTやAmazonプライム、

Netflixといった、サウンドオーディオ対応の動画配信サービスがおすすめです。

無料トライアル期間が2週間しかない

他社だと無料トライアル期間が30日間というところが多い中、

Huluは2週間と短め。

 

ただ2週間試せば、Huluの良いところ悪いところ、

自分のライフスタイルに合っているか、

自分の好みの動画はあるかなど見極めるには十分な期間かと思います。


まとめ

いかがでしたか?

 

実際に私が使っているので

リアルなHuluのメリットデメリットをご紹介できたんじゃないかな。

 

個人的には一番使いやすいと思って利用しているので、

Huluは自信をもっておすすめできますよ。

 

デメリット部分を考慮して他の動画配信サービスと比較しながら、

あなたに合った動画配信サービスを利用してみてくださいね!

↓ Huluなら2週間無料お試し期間あり!
日テレドラマ



<応援クリックよろしくお願いいたします。>
にほんブログ村 芸能ブログ エンターテインメントへにほんブログ村